見出し画像

《まとめ7選》TikTokの成功事例|Z世代の心を掴むプロモーションとは

※この記事は2020/12/18に更新されました。

皆さんこんにちは!
夜は、アロマをたあいてホットアイマスクをして、ヒーリングミュージックを流さないとなかなか寝付けないNatee編集部の眠れない高田 愛です。

最近、TikTokが10~20代の若者からだけでなく企業からも注目を集めていますね。動画広告を活用したマーケティングが定着してきている今、TikTokにはどのような活用方法があるのでしょうか?

「TikTokを活用したいけど若者にウケるプロモーションがわからない...」
「そもそもどんなプロモーション手法があるかも知らない。」
「うちの商品がTikTokと相性がいいかわからない...」

などたくさんの悩みがあると思います。

今回はそんな悩みを解消するためにTikTokの公認MCNとしてZ世代・若者向けの広告を制作してきた実績のあるNateeの編集部が
《まとめ71選》TikTokマーケティングの成功事例を紹介して、さらにそこから成功のポイントを抽出してわかりやすく解説していきます!


名称未設定-4

【無料ダウンロード】Nateeサービス資料
Nateeでは、「10~20代のインフルエンサーネットワーク」と「独自開発のデータ・アナリティクス・システム」を活用して、次世代を担う「若者」に特化したマーケティングを提供しています。まずはお気軽にお問い合わせください。
▶︎今すぐダウンロードしたい
▶︎話を聞いてみたい!


【無料ダウンロード】ノウハウ資料
▶︎5大SNSを活用したプロモーション手法
▶︎Z世代を攻略!?新マーケティング手法とは?


なぜTikTokマーケティング?

そもそもTikTokとは?
音楽に合わせて15秒~最大60秒のショートムービーを撮影・加工して、投稿・閲覧することができるSNSプラットフォームです。

TikTokについての知識がまだ曖昧だという方はこちらの記事を参考にしていただけるとお役に立つかと思います。

関連記事
▶︎《時代に乗り遅れてませんか?》TikTokの基礎から企業向け活用方法まで

区切り-2


TikTokを活用したマーケティング手法

企業のTikTokの活用方法は大きく分けて3つあります。それが

・インフルエンサーマーケティング
・TikTok広告
・TikTokキャンペーン

の3つで。それぞれ詳しく見ていきましょう。

- インフルエンサーマーケティング

TikTokではインフルエンサーの影響力がものすごく高いです。

TikTokには「TikToker」と呼ばれるインフルエンサーがいて、
中にはファンの数が100万人を超える人もいます!

彼らを起用することでZ世代を含む若者にアプローチすることができます。

- TikTok広告

TikTok広告には
起動画面型広告」「インフィード方広告」「タイアップ広告」
の3種類があります。

TikTokの公式MCNとしてZ世代・若者向けの広告を制作してきた弊社が
TikTok広告について詳しく解説している記事はこちらになります!
▶︎《まとめ》TikTok広告|特徴・配信方法・成功事例を解説

- TikTokキャンペーン

自社商品や独自のキャラクター、音楽などを使って動画を作成し、特定のハッシュタグをつけてユーザーに投稿してもらいます!

誰でも簡単に投稿できるという特徴があり、「自分も発信したい!」というユーザーが多いTikTokでは多くのユーザーに参加してもらえる可能性があります。

区切り-2


TikTokの成功事例《手法別に解説》

TikTokの3つの活用方法を理解したので、次はその活用方法ごとにどのような事例があるのかを見ていきましょう!

- インフルエンサーマーケティングの成功事例

・AbemaTV 「今日、好きになりました。」

画像7

画像参照:追加メンバーはまさかの女子!?真夏の恋は波乱の予感 今日好き第10弾♯2

株式会社AbemaTVは人気の恋愛バラエティ番組「今日、好きになりました。」の視聴者を増加するために同番組の視聴者層と同じ層が多いTikTokでプロモーションを行いました。

インフルエンサーにTikTokで「今日好きダンス」を踊ってもらうことで、TikTok上では多くのユーザーが「今日好きダンス」をあげるようになりました。

さらに人気女優が「今日好きダンス」を踊って投稿したこともあり、瞬く間に話題沸騰し、大成功を収めました。

施策後の視聴率:160%


・格安SIM(ネオちゃん)

ワイモバイルはTikTokで「『#と思いきやダンス』CM出演チャレンジ」をつけて動画を投稿すると、テレビCMに出演する権利が得られるキャンペーンを実施しました。

CMに出演している人気タレントの出川哲郎さんや女優の吉岡里帆さんとの共演の可能性があることから、多くの中高生が参加しました。

この事例ではTikTokやYouTubeで活躍中のインフルエンサーのねおさんを起用することでキャンペーンの認知度も向上させました。

区切り-2


- TikTok広告の成功事例

・ブルボン 「アルフォート」

画像6

ブルボン「アルフォート」キャンペーンでは、TVCMをスマートフォンネイティブ世代の若者を中心としたTikTokユーザーにもリーチすることを目的に
TikTok広告の「起動画面型広告(TopView)」を起用しました。

ブルボンは、起動画面型広告を起用したおかげで広告認知度も高く、ポジティブな反応を得ることに成功しました。


・東京カレンダー

画像8

TikTokドラマ仕立てのショートムービーを定期的に配信している東京カレンダーは、ドラマを最後まで見ると実際のレストランのクーポンがもらえるなどの特典をつけています。

また、東京カレンダーの表紙になれるフィルターの配布や、特定のハッシュタグをつけて投稿したユーザーの中から1名ドラマ出演権を得られるなど、独自の広告キャンペーンを行なっています


・モンスターストライク

画像6

ミクシィが運営するスマホアプリ「モンスターストライク」はユーザーの感情を意識したクリエイティブを作成することで他社広告の100倍近いエンゲージメント数を記録しました。

参照:エンゲージメント率100倍!?モンスト×D2C Rに学ぶ「TikTokで勝つ」広告クリエイティブ

区切り-2


- TikTokキャンペーンの成功事例

・コカコーラ

日本コカコーラ株式会社は2018年12月にTikTokキャンペーン「#リボンでありがとうチャレンジ」を実施しました。

インフルエンサーには国末莉子さんが起用されています。

キャンペーンの参加条件は楽曲「リボンでありがとう」に合わせて撮影した動画を「#リボンでありがとうチャレンジ」をつけて投稿するだけというとてもシンプルなものです。

そして選ばれた作品は渋谷の街頭ビジョンで放映される他、「QUOカード(1,000円分)」が100名にプレゼントされるというものでした。

TikTokユーザーの約70%を締めている10~20代の若者を中心に大きな反響を生みました。 表示回数:4270万回 (2019年6月調べ)


・UT × TikTok 「#UTPlayYourWorld」

画像8

2019年6月には、株式会社ファーストリテイリングがユニクロのUTブランドのグローバルインフルエンサーを決めるハッシュタグチャレンジを日本・台湾・アメリカ・中国・フランスの5カ国で開始。

動画投稿数:18.5万回
視聴回数:3.3億回
史上最高視聴数を記録しました。

区切り-2


成功事例から学ぶ成功するためのコツ5選

画像14

- ユーザーが楽しめる広告を

ただ見るだけでなく、ご紹介した事例のようにユーザーが参加できたりする楽しめる「仕掛け」を用意しましょう!

動画広告の中や、広告に接触した後にどんな「仕掛け」を用意すればユーザーを引きつけることができるのかを考える必要があります。

- インフルエンサーを活用する

いくら良いクリエイティブを作成して、良い景品などを用意しても多くの人に見てもらえないと意味がありませんよね。

キャンペーンの認知度を高まるために効果的なのが、
インフルエンサーを起用することです。

TikTok上にはフォロワー数が100万人を超えるTikTokerを始めとするインフルエンサーがたくさんいます。そういったインフルエンサーにキャンペーンへの参加を依頼することで、彼ら彼女らが抱えているファンにもキャンペーンを知ってもらうことができるでしょう。

あなたのターゲット層のファンを抱えているインフルエンサーを起用しましょう。

インフルエンサーマーケティングの関連記事
▶︎《最新版》インフルエンサーマーケティングとは|基礎知識編

画像13

本記事を公開しているNateeでは、「10~20代のインフルエンサーネットワーク」と「独自開発のデータ・アナリティクス・システム」を活用して、次世代を担う「若者」に特化したマーケティングを提供しています。
▶︎無料で資料をダウンロードする

- 最初の数秒でユーザーを惹きつける

TikTokのメインユーザーのZ世代を含む若者は広告を嫌います

「あ、この動画は自分に関係ないな」と判断されると一瞬でスキップされてしまい、せっかく制作して動画の中身を見てもらえません。

ですので、最初の数秒間でユーザーの心を掴む必要があります。

そのためには、インフルエンサーを起用したり、Z世代にウケる広告クリエイティブが制作できる代理店に依頼したりする必要があるでしょう。

- ユーザーの参加ハードルを下げる

TikTokの大きな特徴に「誰でも手軽に視聴・投稿することができる」という手軽さがあります。

これは企業が行うキャンペーンにも言えることで、ダンス経験者しか踊れないようなハイレベルなダンスチャレンジや真似するのが難しそうなキャンペーンは避けた方が無難でしょう。

ユーザーがいかに手軽に気軽にキャンペーンに参加できるかを意識する必要があるのです。

参加のハードルを下げて多くのユーザーに参加してもらうことで、キャンペーンが拡散されていって認知の拡大につながるでしょう。

- ターゲティングを丁寧に行う

TikTokのメインユーザーのZ世代を含む若者は趣味趣向・価値観が多様です。

これはマーケティング全般に言えることですが、ターゲットをしっかり選定して、その人に刺さるクリエイティブを制作しないと広告はうまくいきません。

TikTokで多くのユーザーに好かれようとするのではなく、一人のターゲットの心に刺さるクリエイティブを制作することで視聴回数や参加率も向上するでしょう。

区切り-2


画像10

【無料ダウンロード】Nateeサービス資料
Nateeでは、「10~20代のインフルエンサーネットワーク」と「独自開発のデータ・アナリティクス・システム」を活用して、次世代を担う「若者」に特化したマーケティングを提供しています。
▶︎今すぐダウンロードしたい

【無料ダウンロード】ノウハウ資料
▶︎5大SNSを活用したプロモーション手法
▶︎Z世代を攻略!?新マーケティング手法とは?


まとめ|TikTokマーケティングの成功事例

TikTokをマーケティングに活用している企業は、他のSNSと比べるとまだ多くはあく、まだ競合が少ないです!

今回紹介させていただいた、7つの事例5つの成功ポイントを参考にTikTokを活用したマーケティングを検討してみてください。

本記事を公開しているNateeでは、「10~20代のインフルエンサーネットワーク」と「独自開発のデータ・アナリティクス・システム」を活用して、次世代を担う「若者」に特化したマーケティングを提供しています。

TikTokに興味を持っている方、何から始めたらいいかわからない方はお気軽にお問い合わせください。
▶︎Natee公式サイトを見てみる
▶︎話を聞いてみたい!

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました。

8
「若者×データ」で次世代を担う「若者」へのプロモーション戦略を提供する総合マーケティングカンパニーNateeです。 https://natee.jp/

こちらでもピックアップされています

【次世代SNS】TikTokのマーケティング完全攻略本
【次世代SNS】TikTokのマーケティング完全攻略本
  • 4本

今後最も影響力を持つ購買層になるZ世代を含む10~20代の若者から圧倒的な人気を集めているTikTok。「ただ若者が暇つぶしに使っているアプリでしょ?」なんて思っていませんか?TikTokは有効に活用すればビジネスにおいても大きな力を発揮してくれます!当マガジンでTikTokを完全攻略しませんか? 1記事5分×3記事のたった15分で学ぶことができます!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。