見出し画像

【厳選5社】 動画広告に強い代理店を徹底比較してみた。

こんにちは!Natee編集部です。

最近、ネット広告が非常に伸びていることはご存知ですか?
その中でも特に動画広告は注目を集めており、大きな伸びを見せています。

サイバーエージェントの予測によると動画広告の市場規模は
2023年には5000億円を突破する勢いだそうです。

さらに5Gが普及すると、動画でのコンテンツが多くなりさらなる発展が期待できます。

非常に効果が高い動画広告ですが、実際に動画広告を出す場合、選択肢は自社で動画広告を作るか代理店に依頼するかの2通りです。

しかし
「動画広告って費用が高そう...」
「自社で作成するリソースもノウハウもない...」
「代理店も多すぎてどこに頼めばいいのかわかんない!」

などの悩みからなかなか動画広告に踏み出せない企業さんも多いのではないでしょうか?

今回の記事ではそんな悩みを持つあなたのために
「若者」×「データ」を追求するマーケティングカンパニーとしてZ世代・若者向けの広告を制作してきた実績のあるNateeの編集部が
【動画広告に強い広告代理店5社を比較してみました】
皆さんのお役に立てる記事になっていると思います!

《少しだけNateeについて紹介させてください》

画像6

クリックリンクテスト01


動画広告に強い代理店5選

①安心感と実績なら「株式会社オプト」

スクリーンショット 2020-11-12 18.58.19

- 特徴

株式会社オプトは東京に本社がある大手広告代理店です。
オプトの特徴としてビッグデータの活用に力を入れているので、ユーザーの「行動履歴」や「購入履歴」のデータを元に最適な広告運用を行うことが出来るのことが挙げられます。

さらにオプトは情報提供が非常に丁寧なことも特徴です。広告代理店の中には運用のノウハウなどを開示しない代理店も多いですが、オプトは情報を提供してくれるため社内にネット広告のノウハウが溜まります
また、オプトには動画マーケティング専門部署があるため動画広告に対しての専門的な支援を受けることが出来ます。

- こんな人にオススメ

株式会社オプトは大手広告代理店なため非常に多くの実績があり、クライアントの要望に沿った運用をしてくれます。

動画マーケティング専門のチームがあり、さらにデータ分析も得意としているもあるため、動画広告を始めて出す担当者でも安心して依頼をすることが出来る代理店です。

手厚いサポートがある分、比較的費用はかかります。月の運用予算は多めに用意した方が良いでしょう。


②YouTube広告なら「株式会社デジタルアイデンティティ」

スクリーンショット 2020-11-12 18.58.28

- 特徴

株式会社デジタルアイデンティティはデジタルマーケティング事業を行っている会社で、リスティング広告などの運用型広告をメインに取り扱っています。

デジタルアイデンティティの大きな特徴はYouTubeでのプロモーションに強いということです。YouTubeでの動画広告はもちろんですがチャンネル運用から動画制作のサービスも行っています。

動画広告以外の様々な媒体の広告にも強いため、自社の要望に合わせてYouTube以外にも様々な広告を依頼することが出来ます。

- こんな人におすすめ

株式会社デジタルアイデンティティはYoutube広告に非常に強い代理店です。そのため、Youtube広告に力を入れたいと考えている担当者に非常にオススメです。動画広告の中でもYouTubeは非常に人気で効果も高いプラットフォームです。YouTube上には様々な種類の動画があり、自社の商品やサービスを紹介しやすいでしょう。

デジタルアイデンティティはYouTube広告の最新情報を積極的に集めているため、最新ノウハウを使って広告を出すことが出来るでしょう。


③若者に向けたプロモーションなら「株式会社Natee」

スクリーンショット 2020-11-12 18.58.45

- 特徴

株式会社Nateeはインフルエンサーマーケティング事業やSNS広告事業を提供している会社です。

Nateeの特徴はインフルエンサーマーケティングを行っているということです。インフルエンサーマーケティングはインフルエンサー利用したマーケティングのことで、従来の手法とは異なり、非常に大きなプロモーション効果が期待できるため注目されている手法です。

そのため、インフルエンサーを起用した動画広告を制作することで大きな効果が期待できます。

- こんな人にオススメ

株式会社Nateeは若者に向けた動画広告を制作したい担当者に非常にオススメとなっています。

若者に対する広告制作は非常に難しく、広告感がない広告を制作をすることが非常に重要になっています。

そのため、Nateeに所属する若者に人気があるインフルエンサーを起用することで良い広告を作ることが出来るでしょう。また、Nateeは独自データ分析ツールを使い若者の行動をデータとして持っています。そのため、若年層に対する施策を効果的に打てるのです。


④ショートムービーなら「株式会社CinemaLeap」

スクリーンショット 2020-11-12 18.58.36

- 特徴

株式会社CinemaLeapはスマホ視聴に最適化した縦型のショートムービーを専門にした動画制作会社です。

広告代理店ではないですが、企業のコンセプトが面白いため紹介します!
スマートフォンが普及したことにより、スマートフォンの画面に合わせた縦型動画が見られるようになりました。
FacebookやInstagramのストーリーズやYouTube、TikTokなどにも縦型の広告があります。

最近、広告に不信感が抱かれ始めているというデータがあります。そのため広告自体がクリエイティブでユーザーの興味を引く必要があるのです。
そのような面から見てもCinemaLeapが制作するショートムービーは企業のPRに向いています。

- こんな人にオススメ

株式会社CinemaLeapは縦型ショートムービー制作会社です。
そのため、スマートフォンに特化した動画広告を作りたい担当者に非常にオススメです。

また、ショートムービーに出演したインフルエンサーが個人のアカウントで拡散をすることで広告以外でのプロモーション効果も見込めます。


⑤海外向けPRなら「アイプロスペクト・ジャパン株式会社」

スクリーンショット 2020-11-12 18.58.50

- 特徴

アイプロスペクト株式会社は世界展開している外資系インターネット広告代理店です。そのため海外webメディアに多くの広告枠があるのが特徴です。

海外に向けた動画広告を使ったマーケティングも得意としています。さらに外資系企業であるため、日本だけではなく海外からの多くの最新情報が社内に溜まります

アイプロスペクトが取り扱う広告枠は比較的高額なため、ある程度運用の予算を持って依頼した方が良いでしょう。

- こんな人にオススメ

アイプロスペクト株式会社は海外webメディアに多くの広告枠を持ちます。そのため、海外向けにマーケティング施策やプロモーション施策をしたい担当者にオススメです。

海外webメディアに広告枠を持つ代理店はなかなか無いため、自社製品やサービスの広告を海外に向けて出したい場合ぜひ検討してください。


画像7

【Nateeサービス資料のダウンロードはこちら】
「インフルエンサー」と「データ」という武器を活用し、 「若者」に対して効果的なマーケティングを行いたい ご担当者様は是非ご覧ください。

【ノウハウ資料のダウンロードはこちら】

・5大SNSを活用したプロモーション手法
・Z世代を攻略!?新マーケティング手法とは?


まとめ

いかがだったでしょうか?
近年、動画メディアは非常によく利用されています。特にこれから5Gが普及するとにより、テキストや静止画よりも動画コンテンツが主流になると言われています。

このような流れの中で、動画広告はより効果的な手法となるでしょう。

動画広告の代理店は非常にたくさんありますが、どの企業にとっても正解という代理店は存在しません。たくさんの代理店を比較し自社に合う代理店に依頼しましょう!

今回の記事がみなさんの動画広告代理店選びの参考になれば幸いです!本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!

4
「若者×データ」で次世代を担う「若者」へのプロモーション戦略を提供する総合マーケティングカンパニーNateeです。 https://natee.jp/

こちらでもピックアップされています

Agencies
Agencies
  • 1本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。