見出し画像

【代理店が教える】動画広告代理店を選ぶコツは?3ステップで解説します。

こんにちは!Natee編集部です!

みなさんは動画広告についてご存じですか?
動画広告は効果が出やすい広告で、近年注目されている広告手法です。

そのため動画広告を始めたい!と考えている人も多いと思います。動画広告に対する知識がない場合は代理店を利用することがオススメです。

そこで今回は、「若者」×「データ」を追求するマーケティングカンパニーとしてZ世代・若者向けの広告を制作してきた実績のあるNatee編集部が動画広告代理店を選ぶコツについて紹介していきます!ぜひ最後までご覧ください!


画像2

【公式サイト】株式会社Natee

【無料ダウンロード】
Nateeサービス資料
「インフルエンサー」と「データ」という武器を活用し、 「若者」に対して効果的なマーケティングを行いたい ご担当者様は是非ご覧ください。

【無料ダウンロード】ノウハウ資料
5大SNSを活用したプロモーション手法
Z世代を攻略!?新マーケティング手法とは?


1. 動画広告の需要が増加中

YouTubeやTikTokなどの動画メディアの名前を耳にしたことがある人、多いのではないでしょうか?スマートフォンの普及により、動画メディアが身近なものになりました。テレビ番組を見ることと同じように、スマートフォンで動画を見ることは一般化してきているのです。

スマートフォンでの動画視聴時間はここ5年間で約4倍となったことをご存じですか?
株式会社サイバーエージェントの調査によると動画広告市場は5000億円を突破すると予測されています。これからもさらに動画市場は伸びると予想されており、今後さらなる需要があるでしょう。
このように動画広告は非常に注目されており、これから主流になると考えられている広告手法なのです!


2. 動画広告代理店選び方

動画広告を代理店に依頼することが決まっても、どのように代理店を選択すべきなのか分からない担当者も多いと思います。
今回は各段階に分けて代理店検討のコツを紹介していきます!

動画広告記事

STEP1:準備段階

- 動画広告の知識をインプットする

広告代理店を検討する前に、動画広告の基礎知識をインプットすることで効果的な代理店を選択しやすいでしょう。
動画広告にはインストリーム広告、インフィード広告、インバナー広告など様々なタイプの広告があります。
また動画広告には様々なメリットがあると同時に、もちろんデメリットもあります。動画広告の基礎知識を代理店検討の前にインプットすることで、後の代理店を比較検討や代理店との話し合いをスムーズに進めることが出来ます。

-ターゲットを明確にする

広告のターゲットを明確にすることも非常に重要です。それぞれのプラットフォームごとにユーザーの年齢や性別が異なるため、動画広告を出すターゲット層によって配信するプラットフォームを変える必要があるのです。プラットフォームとして有名なのはYouTubeですが、facebookやTikTokなど他のプラットフォームもあります。自社のターゲットを明確にして効果的なプラットフォームを選びましょう!


STEP2:代理店検討段階

- クリエイティブな広告が作れるか

効果的なクリエイティブを制作出来る代理店を選ぶことは非常に重要です。動画広告の多くは、TVCMと違って一定時間表示後、スキップ出来るものが多いです。そのため、あまり視聴者の興味を引かない広告だとスキップされてしまうことが増えてしまいます。これでは、消費者に自社の製品やサービスの魅力を十分に伝えることは出来ません。
自社の希望に合った代理店を選ぶために、これまでの代理店がどのような広告制作を行ったかの事例を見ることも有効です!
クリエイティブな動画広告が作成可能な代理店を選びましょう!


- 広告感がない広告が重要

広告感がない動画広告を作製できる代理店を選択することも非常に大切です!
近年、広告に対する不信感やマイナス感情が高まっているというデータがあります。特にネット広告は目にする回数が多いため、広告の媒体の中で一番マイナスの感情を抱かれやすいです。
また、若者は広告を信じない人が増えています。そのような状況の中、広告感を前面に押し出さない広告を作ることが重要になってきます。

例えば、若者に人気のインフルエンサーを起用することは広告感を減らすことに役立ちます。若者は自分の好きなインフルエンサーが出ている広告を最後まで見る可能性が高いため、結果として自社の商品やサービスの認知に繋がります。
代理店の事例を確認し、広告感がない広告が作れるか確認しましょう!


- どのメディアに強いかによる比較

各広告代理店によって、YouTubeやTikTokなど強いメディアが異なります。そのため自社が広告を配信するプラットフォームによって選ぶべき広告代理店が異なるのです。
例えば、TikTokは若者に非常に人気があるSNSで、若者に向けた動画広告を行うには非常に最適なプラットフォームです。また、facebookには多くの個人情報があるため、詳細なターゲティングが行えます
このように、各プラットフォームによって特徴が異なります。動画広告だからといってYouTubeだと決めつけるのではなく、自社の広告ターゲットによって配信プラットフォームや代理店を検討する必要があります。


STEP3:注意点

- 動画だからといって何でも売れるわけではない

動画広告は非常に効果的な広告手法であることに間違いはありません。しかし、動画広告でプロモーションを行ったからといってどんな商品でも売れるようになるわけではないことも事実です。

自社の製品の強みや他社製品との違いなどの自社製品の理解を深め、代理店に詳細に伝えることが必要です。
さらに、従来の広告と同じように広告戦略をしっかりとたててくれる代理店を選ぶことが効果的なPRの鍵となるのです。

- 手数料だけの比較はダメ

代理店選択の際に大きな選択基準となるのは価格です。もちろん価格は安いに越したことはありませんが、手数料だけの比較をしてはいけません。
動画広告には静止画の広告やバナー広告よりも制作期間とコストがかかります。これは動画広告は従来の広告に比べ制作に多くの手間がかかるためです。さらに、効果的な動画広告を制作するためには、インフルエンサーを起用したり広告のストーリーを考える必要があり、多くの準備が必要となります。

動画広告を試してみたいだけの場合、価格だけの比較でいいかもしれませんが、もし本格的に効果を出したいと考えている場合手数料以外も比較してみてください!


画像3

【無料ダウンロード】Nateeサービス資料
「インフルエンサー」と「データ」という武器を活用し、 「若者」に対して効果的なマーケティングを行いたい ご担当者様は是非ご覧ください。

【無料ダウンロード】ノウハウ資料
5大SNSを活用したプロモーション手法
Z世代を攻略!?新マーケティング手法とは?


まとめ

いかがだったでしょうか?
動画広告は最近非常に注目されている広告手法で、市場も急速なスピードで拡大しています。
従来の静止画やバナーの広告に比べ、一度に多くの情報を視聴者に伝えることができ視聴者に印象を与えることが出来ます。

動画広告代理店は多くあり検討することが難しいです。しかし、適切な方法で検討することで良い代理店と巡り合うことが出来るでしょう!
この記事が自社の動画広告代理店を選ぶ際の手助けになれば嬉しいです。
最後まで読んでいただきありがとうございました!


参考
https://www.humancentrix.com/columns/movie-ad.html
https://digital-marketing.jp/ad-technology/what-is-video-ads/
https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=24125
https://service.aainc.co.jp/product/letrostudio/article/2020/movie-market-data.html


3
「若者×データ」で次世代を担う「若者」へのプロモーション戦略を提供する総合マーケティングカンパニーNateeです。 https://natee.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。