見出し画像

【 代理店が教える 】Facebookアカウント運用に強い代理店の選び方を5つのポイントで解説!

こんにちは!Natee編集部です。
みなさんはFacebookアカウントを運用していますか?

「自社で運用しているがなかなか効果が出ない...」
「アカウントを開設したいものの運用の仕方が分からない...」
こんな悩みを抱えていませんか?

そこで候補に挙がるのが代理店の利用ですね!
しかしFacebookアカウントの代理店は多くあり適切な代理店を選ぶことは非常に難しいです。

そこで今回は、「若者」×「データ」を追求するマーケティングカンパニーとしてZ世代・若者向けの広告を制作してきた実績のあるNateeの編集部【Facebookアカウントの運用代理店を選ぶポイントを5つ紹介】します!

《少しNateeについて紹介させてください》

画像3

【公式サイト】株式会社Natee

【無料ダウンロード】
Nateeサービス資料
「インフルエンサー」と「データ」という武器を活用し、 「若者」に対して効果的なマーケティングを行いたい ご担当者様は是非ご覧ください。

【無料ダウンロード】ノウハウ資料
5大SNSを活用したプロモーション手法
Z世代を攻略!?新マーケティング手法とは?


Facebookアカウント運用に強い代理店の選び方

《読み進める前にFacebookについて簡単に理解》

Facebookの特徴

《代理店を選ぶときの5つのポイント》

画像2

①クライアントに寄り添ってくれる代理店を選ぶ

ポイントの1つ目はクライアントに寄り添ってくれる代理店を選ぶということです。クライアントの業種やサービス、運用の目的によってアカウントの最適な運用の仕方が異なります。そのため、自社に寄り添い最適なアカウント運用をしてくれる代理店を選ぶことが重要なのです。

また、運用の改善を短いスパンで行える代理店を選ぶことも重要となります。アカウントを運用する際に大切なことは、ユーザーからの反応を見てこまめにアカウント運用を改善することです。さらに運用を始めるとユーザーから自社の予想と違う違う反応が来る場合もあります。そのような時でも、ユーザーからの反応に敏感に対応して、うまく調整しながら運用が行える代理店を選びましょう!

②Facebookアカウント運用のノウハウや実績がある代理店を選ぶ

ポイントの2つ目はFacebookアカウント運用のノウハウがある代理店を選ぶということです。

Facebookアカウントを的確な運用するためにはFcebook社が更新する最新情報や使用の変更をキャッチアップしている代理店を選ぶ必要があるのです。Facebook上の情報はインターネット記事上の情報よりも身近であると感じるユーザーが多いことが特徴です。この特徴を生かし、ユーザーに好感を持ってもらい、企業の認知度やサービスの認知度を向上させることが出来る代理店を選択しましょう!

また、自社の業種での実績がある代理店を選択することはとても重要です。アカウント運用は実績が多いことで運用を成功させるノウハウが溜まります。しかし、アカウント運用は業種によって違う部分も多く、運用の方法も変わります。そのため、自社のと同じ業種での成功例があると安心して依頼をすることが出来るでしょう。

③ユーザーの信頼を獲得できる代理店を選ぶ

ポイントの3つ目は信頼性の高い投稿が行える代理店を選ぶということです。Facebookの大きな特徴として、他のSNSに比べてビジネスユースが多く行われるということです。Facebookは実名登録制なので、アカウントを作る際には多くの個人情報を入力します。さらに他のSNSに比べてユーザーの年齢層が高いことも特徴です。そのため、Facebookの投稿は他のSNSに比べ信頼性が重要視されるのです。

また、SNSとしての信頼性が高い特徴からFacebookはオフライベントの集客にも使うことが出来ます。アカウント運用を行う中で、企業のサービスや製品の認知を増やすだけではなくオフラインのイベントなどにつなげることが出来るのです。

そのため、Facebookは他のSNSよりも慎重に運用し、ユーザーに信頼されるアカウント運用が出来る代理店を選びましょう!

④ユーザーを巻き込むクリエイティブな投稿が出来る代理店を選ぶ

4つ目のポイントはユーザーを巻き込むクリエイティブな投稿が出来る代理店を選ぶということです。ただ商品やサービスを紹介するだけでは、効果的なアカウント運用とは言えません。

ある旅行会社の代理店のFacebookアカウントでは、ただ観光地の紹介などをするだけではなく、ユーザー投稿の写真の紹介やファンと一緒にランキングを制作したりしています。このようにユーザーと共にコンテンツを作りあげることで、ファンを獲得することが出来るのです。

こういったユーザーを巻き込む投稿が行える代理店を選ぶことで、単なる情報発信のアカウントではなく、ファンを獲得出来る企業の広告塔となるアカウントと作り上げることが出来るのです。

⑤積極的に情報を開示してくれる代理店を選ぶ

5つ目のポイントは積極的に情報を開示してくれる代理店を選ぶということです。

代理店に依頼をすることで効果的なアカウント運用が出来る可能性は高まります。しかし代理店に任せきりになってしまっては自社内にノウハウが溜まりません。SNSのアカウントは長期間にわたって運用を行っていくものです。そのため、運用の情報を積極的に教えてくれる代理店を選ぶことで多くのアカウント運用ノウハウが自社内に溜まります。

また、情報を積極的に開示してくれる代理店は、それだけ運用の質やサービス内容に自信を持っている代理店だと言うことが出来ます。自信があるからこそ、情報を開示できるのです。


Facebookアカウント運用に強い代理店5社

忙しいあなたのためにFacebookのアカウント運用に強い代理店5社を厳選比較してみました。


画像4

【Nateeサービス資料のダウンロードはこちら】
「インフルエンサー」と「データ」という武器を活用し、 「若者」に対して効果的なマーケティングを行いたい ご担当者様は是非ご覧ください。

【ノウハウ資料のダウンロードはこちら】
・5大SNSを活用したプロモーション手法
・Z世代を攻略!?新マーケティング手法とは?


まとめ

いかがだったでしょうか。Facebookのアカウントは効果的に運用を行うと、企業に認知向上だけではなく、ファンを獲得することやオフラインイベントを開催することも出来ます。その分Facebookアカウントの運用は難しく個人ではなかなか効果的に運用をすることが出来ません。

そこで自社に合う効果的な代理店に依頼することがアカウント運用を上手く行う近道となります。しかし、どの企業にとっても有効な代理店というのはありません。自社がアカウント運用を行う目的や予算、何を重視するかによって最適な代理店は異なるのです。

最後まで見てくださりありがとうございました。


1
「若者×データ」で次世代を担う「若者」へのプロモーション戦略を提供する総合マーケティングカンパニーNateeです。 https://natee.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。