見出し画像

《まとめ5社》TikTok広告に強い代理店|比較する時に見るべきポイントとは?

こんにちは!Natee編集部です。
みなさんはTikTok広告についてご存じですか?

TikTokは若者に人気があるショートムービーSNS。
最近は、そこで掲載するTikTok広告は若者に非常に影響を与えやすく有効な広告手法ととして多くの企業から注目されています。

しかし、TikTok広告を扱う広告代理店は近年非常に増えており、自社に合う代理店を選択することは難しくなっています。

そこで、TikTok広告を得意とするNateeがオススメのTikTok広告代理店を5つ紹介します!


画像6

【無料ダウンロード】Nateeサービス資料
Nateeでは、「10~20代のインフルエンサーネットワーク」と「独自開発のデータ・アナリティクス・システム」を活用し、次世代を担う「若者」に特化したマーケティングを提供しています。お気軽にお問い合わせください。
▶︎今すぐダウンロードしたい
▶︎話を聞いてみたい!


【無料ダウンロード】ノウハウ資料
▶︎5大SNSを活用したプロモーション手法
▶︎Z世代を攻略!?新マーケティング手法とは?


TikTok広告代理店を選ぶ5つのポイント

画像7

➀動画広告に強い代理店を選ぶ

ポイントの1つ目は動画広告に強い広告代理店を選択することです。
TikTok広告の大きな特徴は、動画広告が主な広告のスタイルであることです。

動画広告は静止画や文字の広告に比べ、ユーザーにより強いインパクトを与えることが出来ます。
また、静止画ではサービスや商品の切り取った部分しか伝えることが出来ないのに対して、動画広告では商品やサービスの細かな雰囲気を伝えることが出来るのです。

このように動画広告には多くのメリットがありますが、従来のネット広告に対して、「撮影」「編集」など多くの作業があり、代理店のテクニックが求められます。よって動画広告を得意としている代理店を選ぶことで、効果的なTikTok広告を制作できる可能性が高くなるのです。

区切り-2

②クリエイティブ制作スキルが高い広告代理店を選ぶ

ポイントの2つ目は効果的な広告クリエイティブが作れる広告代理店を選ぶことです。近年の傾向として、広告に対するマイナスの感情が高まっていることが挙げられます。

特に若い世代でその傾向は顕著で、インターネット広告に嫌悪感を抱く人の割合が非常に高くなっているのです。
このような傾向のなか、不快感を抱かれない広告クリエイティブを制作できる技術を持つ代理店を選択することが非常に重要になってきているのです。

例えば若者に向けた広告の場合、人気インフルエンサーを起用することはユーザーから不快感を取り除く1つの方法でしょう。
自分が好きなインフルエンサーが起用されていることで、広告感がなくなり、若いユーザーが受け入れやすくなるのです。

これは1つの方法ですが、これからの広告はユーザーに受け入れられやすく、広告感が無くなるように制作する必要があることは間違いないでしょう。

区切り-2

③若者の動向を理解している代理店を選ぶ

ポイントの3つ目は若者の動向を理解している代理店を選ぶということです。TikTokはZ世代やミレニアル世代の若者をターゲットとしており、利用者の多くも10代、20代です。そのため、TikTokに出す広告は若者の動向や好みを掴んだものである必要があります。

YouTubeやその他媒体の動画広告とは異なり、若者をメインターゲットとしているTikTok広告は、従来の代理店がつくる動画広告とは異なり、若者に精通している代理店を選択する必要があるのです。

区切り-2

④その他のSNS広告も運用できるか

ポイントの4つ目はその他SNS広告も運用できる代理店を選択するということです。

TikTokは非常に魅力的な広告プラットフォームですが、最初からTikTokのみに絞ってしまうのは少し危険です。

若者に向けてだと、Instagram、Twitterなども非常に効果的なSNS広告です。そのため、TikTok広告にだけ強い代理店を選択するよりは、様々なSNS広告を得意としている代理店を選ぶことは効果的でしょう。そのような代理店を選択することで、自社にあう広告プラットフォームは何なのかを判断しやすくなるのです。

区切り-2

⑤自社の予算とマッチしている代理店を選ぶ

ポイントの5つ目は自社の広告予算とマッチしている代理店を選ぶことです。
自社の予算に合う代理店を選択することは非常に重要です。確かに、費用で代理店を選択することはあまり良いことではありませんが、広告運用は長期的に行うことが非常に重要です。

そのため、自社の予算とあまりにもかけ離れていると、長期的な運用が出来なくなってしまいます。特に大手の広告代理店は、実績があり手厚い運用をしてくれる分、費用が高くなってしまうことが多々あります。

各代理店の公式ホームページの確認や問い合わせをすることで、自社の予算の中で依頼が出来るかを確認することができるでしょう。

区切り-2


TikTok広告に強い代理店5選

➀初めての依頼なら「株式会社セプテーニ」

スクリーンショット 2020-12-12 220538

- 特徴

株式会社セプテーニは東京都に本社を置く大手インターネット広告代理店です。

セプテーニはSNS広告全般に強く、様々なSNS広告を得意としています。また、大手インターネット広告代理店であるため大企業や、中規模企業の実績も多くあります。

特に動画広告のクリエイティブ制作や運用を得意としており、広告主の企業に合わせた運用設計を行うことが出来ます。

どんな人にオススメか

株式会社セプテーニは初めてTikTok広告を運用しようと考えている担当者に非常にオススメです。

セプテーニは大手インターネット広告代理店であるため、非常に安心感があります。また、セプテーニはTikTok広告を昔から運用しており実績も豊富です。そのため安心して依頼することが出来るのでしょう。

また、手厚いサポートを受けることが出来る一方、ある程度予算も必要です。自社の予算を考えながら相談してみてください!

区切り-2

②海外に向けた広告なら「Nativex Japan」

スクリーンショット 2020-12-13 234931

- 特徴

Nativex Japanは中国最大級のインターネット広告代理店「Nativex」の日本法人です。TikTokの運営会社「Bytedance」とグローバルパートナーシップを締結しているためTikTokの最新情報や、広告ノウハウを持っています。

また、各国の有名インフルエンサー事務所と連携しているため、海外インフルエンサーを起用することもできます。

- どんな人にオススメか

Nativex Japanは海外に向けてTikTok広告を配信したい担当者に非常にオススメです。Nativex Japanは日本の広告代理店と異なり、海外に多くの拠点とネットワークを持ちます。

そのため、海外に向けた広告を出したい場合は日本の代理店に依頼するよりも、Nativex Japanに依頼する方が効果的な広告運用をすることが出来るでしょう。

区切り-2

③若者に向けたマーケティングなら「株式会社Natee」

スクリーンショット 2020-12-14 000734

- 特徴

株式会社Nateeは東京都にあるインフルエンサーマーケティング、SNS広告運用などを行う会社です。

Nateeの特徴はインフルエンサーマーケティングを行っているということです。インフルエンサーマーケティングはインフルエンサー利用したマーケティングのことで、従来の手法とは異なり、非常に大きなPR効果が期待できるため注目されている手法です。

TikTokのタレントフォロワー数は日本最大級で、自社の希望に合ったインフルエンサーを起用し、効果的な広告を制作することが出来ます。

さらにNateeでは独自で開発したデータ分析ツールを使用した、データに基づく広告運用を行うことが出来ます。多くの若いタレントが所属しているため、若者の生態をデータとして分析することが可能となります。結果、若者の生態を理解した広告配信を行うことが出来るのです。


- どんな人にオススメか

株式会社Nateeは若者に対してPRを行いたい担当者に非常にオススメです。Nateeは若者に対するマーケティングやPRを得意としており、多くの戦略を持っています。

若者に対するマーケティングは非常に難しく、悩んでいる担当者も多いと思います。そのような場合ぜひご検討ください。

区切り-2

④複数SNS広告を検討中なら「株式会社グラッドキューブ」

スクリーンショット 2020-12-13 235239

- 特徴

株式会社グラッドキューブは大阪に本社を置くインターネット広告代理店です。グラッドキューブではTikTokの運用型広告「TikTok For Business」の依頼をすることが出来ます。

グラッドキューブの大きな特徴は、TikTokを含む運用型広告で高い評価を受けているということです。InstagramやTwitter、LINEなどTikTok広告のほかにも運用型広告で非常に多くの実績を出しています。

また、SNS広告だけではなくリスティング広告からWebサイト制作まで、デジタルマーケティングを一括して依頼できることも特徴です。

- どんな人にオススメか

株式会社グラッドキューブはTikTok広告だけでなく、他の媒体での広告検討している担当者に非常にオススメです。

グラッドキューブは様々なSNSやインターネットの運用型広告を得意としています。そのため、TikTok広告だけでなく様々な選択肢の中から最適な広告媒体を検討しやすいです。

TikTok広告は若者に人気のある非常に有効なプラットフォームですが、自社の広告配信の目的によっては、別のプラットフォームの方が効果的である可能性があります。
その点で、様々な広告媒体に強いグラッドキューブは非常にオススメな代理店です。

区切り-2

⑤コスパが良い広告運用なら「ビックマック株式会社」

スクリーンショット 2020-12-14 000117

- 特徴

ビックマック株式会社は東京都に本社を持つインターネット広告代理店。

ビックマックの大きな特徴は、他の代理店に比べ、比較的低コストで広告運用を行うことが出来ることです。
低コストで運用を依頼できるためTikTok広告を気軽に試すことが出来ます!

ビックマックはリスティング広告も得意としてます。そのため、SNS広告だけでなくリスティング広告も依頼することが出来ます。

- どんな人にオススメか

ビックマック株式会社はTikTok広告を試してみたい中小企業の担当者に非常にオススメです。

比較的低予算で広告運用が出来るため、自社の広告運用予算が少ない場合でもTikTok広告を試すことが出来ます。

区切り-2

TikTok広告の関連記事
▶︎《時代に乗り遅れてませんか?》TikTokの基礎から企業向け活用方法まで
▶︎《まとめ7選》TikTokの成功事例|Z世代の心を掴むプロモーションとは
▶︎【まとめ】TikTok広告|特徴・配信方法・成功事例を解説!

まとめ|TIkTok広告に強い代理店5選を徹底比較

いかがだったでしょうか?
TikTok広告の代理店でも、それぞれの代理店が持つ強みは異なります。

あなたの目的や予算にあった広告代理店に依頼することが大切ですので、まずは何社かの公式ページやサービス資料をみてみると良いかもしれません。

本記事を公開しているNateeもインフルエンサーマーケティングやSNS広告に関するサービス資料や、ノウハウ資料を提供しています。

《まずは無料でサービス資料・ノウハウ資料をダウンロード》

【無料ダウンロード】Nateeサービス資料
Nateeでは、「10~20代のインフルエンサーネットワーク」と「独自開発のデータ・アナリティクス・システム」を活用し、次世代を担う「若者」に特化したマーケティングを提供しています。お気軽にお問い合わせください。
▶︎今すぐダウンロードしたい
▶︎話を聞いてみたい!


【無料ダウンロード】ノウハウ資料
▶︎5大SNSを活用したプロモーション手法
▶︎Z世代を攻略!?新マーケティング手法とは?

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました!

参考文献
https://adell-media.com/recommended-tiktok-advertising-agencies/






 

3
「若者×データ」で次世代を担う「若者」へのプロモーション戦略を提供する総合マーケティングカンパニーNateeです。 https://natee.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。