見出し画像

【代理店が解説】YouTube広告に強い代理店を選び方|注目するポイントは5つ

こんにちは!Natee編集部です!

みなさんはYouTube広告をご存じですか?
YouTubeは最近非常に人気な動画投稿プラットフォームです。

調査によるとYouTubeはスマートフォンの使用アプリの中でLINEに次ぐ使用率と使用時間だといわれています。

多くの人が利用しているYouTubeに掲載する広告は企業のPR効果が高く多くの企業が利用しているのです。
しかし、実際にYouTube広告を出すには動画制作から分析まで多くの手間と時間が掛かりますよね。
そこで候補に上がるのが広告代理店への依頼ですが、広告代理店には多くの種類があり自社に最適な代理店を選択するのはなかなか難しいです。

そこで今回は、YouTube広告代理店の選び方について5つのポイントを解説します!

本記事を読んでくださっているお忙しい皆さんのために!
「若者」×「データ」を追求するマーケティングカンパニーとしてZ世代・若者向けの広告を制作してきた実績のあるNatee編集部が
【YouTube広告に強い代理店を選ぶときのポイント】
について解説していきます!

《少しだけNateeについて紹介させてください》

画像1

クリックリンクテスト01


《時間がないので、YouTube広告に強い代理店厳選5社を先にみたい!》


YouTube広告に強い代理店の選び方

さて、早速YouTube広告に強い代理店の選び方を見ていこうと思うのですが、その前に!

あなたはYouTubeという媒体のユーザー層や特徴を理解できていますか?

画像2

・国内月間アクティブユーザー数:6,200万人以上(2018年12月)
・世界月間アクティブユーザー数:20億人

現在は国や地域、10~50代まで年代問わず幅広く人気のあるSNSです!

さて、YouTubeの特徴もザッと理解できたところで本題に入りましょう。

YouTube広告選び方中身

1. YouTube広告の実績がある代理店を選ぶ

ポイントの1つ目はYouTube広告の実績がある代理店を選ぶこと。Youtube広告の実績がある代理店を選ぶことは非常に大切です。

各代理店には得意としているSNS広告があるため、全てのネット広告代理店がYouTube広告を得意としているとは限りません。

どのSNS広告が得意かどうかを確認するために一番簡単な方法は、過去の事例や実績について公式サイトで確認したり、実際に代理店に聞いてみることです。YouTube広告を得意としているなら過去の実績があるはず。

そのためYouTube広告を得意としている代理店を選択することは効果的な広告運用を行う第一歩です!

また、動画広告に強い代理店かどうかも非常に重要でしょう。YouTube広告は様々な広告フォーマットがありますが、動画広告は効果をあげやすいYouTubeの特徴的な広告です。そのため動画広告を上手く作れる代理店を選択することで自社に合う代理店を選べる可能性が高くなります!


2. 自社の予算と合っている代理店を選ぶ

ポイントの2つ目は自社の予算と合っている代理店を選ぶこと
自社の予算と合っている代理店を選択することは、YouTube広告で効果的な成果を出すために非常に重要です。

費用だけの比較で代理店を選ぶことは、代理店を選ぶ際に行うべきではないですが、自社の予算を大幅に超える費用を長期間払い続けることは非常に難しいです。

YouTube広告などのインターネット広告はある程度の期間、運用し分析することで最適化され結果が出やすくなります。

そのため、自社の予算を大幅に超える費用で運用依頼をした場合、長期的な運用が難しくなりYouTube広告で結果を出すことができなくなってしまいます

自社の予算と合う代理店を見つけるには、代理店のホームページで費用を確認したり、自社と同規模の会社からの案件実績があるかでも確認することが出来ます。長期的な運用を考え自社の予算と合った代理店を選びましょう!


3. 不快感を抱かれない広告を作れる代理店を選ぶ

ポイントの3つ目は不快感を抱かれない広告を作れる代理店を選ぶこと。YouTubeは非常に人気の高い動画サービスであるため多くの人が利用しています。

広告が多くの人に届きやすい分、不快感を抱かれやすいということも事実です。近年、広告に対するマイナス感情が高まっているというデータがあるように、インターネット広告は目にする機会が多い分、従来の広告に比べて不快感を抱かれやすいのです。

そのため、不快感抱かれないクリエイティブな動画広告を制作できる代理店を選ぶことはとても重要です。

YouTubeの動画広告の特徴として、5秒でスキップが出来るという機能があります。そのため、広告の視聴者に興味を抱かれない広告ではスキップされてしまう可能性が高まります。スキップされてしまっては視聴者に自社の届けたい内容を届けることは難しくなってしまいます。そのため、不快感を抱かれず、興味を持ってもらえる広告を作れることは大切なのです。

効果的な広告をつくる1つの方法としてインフルエンサーを起用する方法があります。インフルエンサーとは若者などに影響力があるSNSなどで多くのフォロワーを持つ人たちのことです。インフルエンサーを起用することで若者などは広告に興味を示す可能性が高くなるでしょう。

【無料資料ダウンロード】Nateeでは「10~20代のインフルエンサーネットワーク」と独自開発の「データアナリティクス」を活用して効果のあるインフルエンサーマーケティングを提供しています。

このように、何かしらの効果的な広告をつくる手法を持っている代理店を選ぶことはオススメです!


4. 自社ターゲット層に合った広告を作れる代理店を選ぶ

4つ目は自社のターゲット層に合った広告を作れる代理店を選ぶこと
自社の商品やサービスのターゲットがある程度明確であれば、そのターゲット層に合う広告を制作出来る代理店を選ぶことで効果的な広告を運用できるでしょう。

各代理店ごとに得意としているターゲットが異なることが多いです。
例えば、若者に向けた広告を得意としている代理店や女性に向けた広告を得意としている代理店など得意としているターゲットが異なるのです。
自社のターゲットを明確にしてターゲットに合った代理店を選びましょう!


5. 情報を開示してくれる代理店を選ぶ

5つ目は広告ノウハウを提供してくれる代理店を選ぶこと
代理店に依頼をすることで、効果的な広告運用を行える可能性が高くなりますが、その分自社にノウハウが溜まりづらく、自社に広告運用が行える人材が育ちにくいです。

効果的な広告運用を行いながら自社にある程度のノウハウを溜めるためには、代理店に任せきりになってしまってはいけません。
広告の運用状況を教えてくれて、自社に寄り添った広告運用をしてくれる代理店を選びましょう!


YouTube広告に強い代理店|厳選5社

忙しいあなたのために、YouTube広告に強い代理店厳選5社をNateeが徹底比較してみました。


画像4

【Nateeサービス資料のダウンロードはこちら】
「インフルエンサー」と「データ」という武器を活用し、 「若者」に対して効果的なマーケティングを行いたい ご担当者様は是非ご覧ください。

【ノウハウ資料のダウンロードはこちら】
・5大SNSを活用したプロモーション手法
・Z世代を攻略!?新マーケティング手法とは?

まとめ

いかがだったでしょうか?
YouTube広告は非常に影響力がある広告手法ですが多くの人の目に触れる分不快感を抱かれやすいことも事実です。
不快感を抱かれないようなクリエイティブな広告を作れる代理店を選びましょう!

また、自社のターゲットを明確にしてターゲット層への広告運用に強い代理店を選びましょう。ターゲット層に強い代理店を選ぶことでより効果的な広告運用が出来るのです。

全ての会社にとって最適な代理店はありません。最適な代理店はそれぞれ異なるのです。いくつかの代理店を比較し自社にとって持っても効果的な代理店を選びましょう!

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

3
「若者×データ」で次世代を担う「若者」へのプロモーション戦略を提供する総合マーケティングカンパニーNateeです。 https://natee.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。